MENU

サポートデータ | 株式会社セルフリーサイエンス

header jp

header en

サポートデータ

コムギ胚芽抽出液WEPRO7240とWEPRO1240(旧製品)との合成量の比較

WEPRO7240は、タンパク質の合成量向上を目的として開発されたコムギ胚芽抽出液で、2009年に販売が開始されました。

旧製品WEPRO1240に比べ、約2倍以上のタンパク質合成量が得られます。

※WEPRO1240は生産終了品です。

       support data 1 

 

図1   コムギ胚芽抽出液WEPRO7240と1240を用いて合成した各タンパク質の合成比較

A: SDS-PAGEによるタンパク質泳動図 B: タンパク質合成量の非比較

M分子量マーカー、1WEPRO1240による合成、2:WEPRO7240による合成

 

コムギ胚芽抽出液WEPRO7240G・7240Hによる合成と精製

 

       support data 2 1 

 

図1 WEPRO7240Gを用いたGST融合タンパク質の合成・精製

M:タイムコース測定、N:ネガティブコントロール、C:粗タンパク質画分、E:アフィニティ精製後のタンパク質画分

 

レジン:Glutathione Sepharose 4B(Cytiva)、洗浄バッファー:PBS、溶出バッファー:PBS

WEPRO7240Gは、GSTタグ融合タンパク質推奨用に開発されたコムギ胚芽抽出液です。

 

 

       support data 2 2 

 

図2 WEPRO7240Hを用いたGST融合タンパク質の合成・精製

M:タイムコース測定、N:ネガティブコントロール、C:粗タンパク質画分、E:アフィニティ精製後のタンパク質画分

 

レジン:Ni Sepharose High Performance(Cytiva)

洗浄バッファー:20mM   Phosphate buffer, 0.3 M NaCl, 50mM Imiadzole,   pH7.5

溶出バッファー20mM Phosphate buffer, 0.3 M   NaCl, 500mM Imiadzole, pH7.5 

WEPRO7240Hは、Hisタグ融合タンパク質推奨用に開発されたコムギ胚芽抽出液です。

コムギ胚芽抽出液WEPRO7240とWEPRO7240G・7240Hを用いて合成した精製度の比較

WEPRO7240Gは、WEPRO7240をベースにコムギ胚芽に含まれるGST様タンパク質の除去性能を向上させたことで、WEPRO7240に比べて精製度の高いGSTタグ融合タンパク質が得られます。

 

またWEPRO7240Hは、WEPRO7240をベースにコムギ胚芽に含まれるHis様タンパク質の除去性能を向上させたことで、WEPRO7240に比べて精製度の高いHisタグ融合タンパク質が得られます。

                   support data3 

図1   WEPRO7240とWEPRO7240G・7240Hとを用いて合成・アフィニティ精製したタンパク質の精製度比較

1:GSTタグを付加したヒト由来タンパク質、2:Hisタグを付加したヒト由来タンパク質

Nネガティブコントロール、S:WEPRO7240使用、G:WEPRO7240G使用、H:WEPRO7240H使用

 

レーン1では、コムギ胚芽に含まれるGST様タンパク質(*)がGST融合タンパク質推奨用のWEPRO7240Gを使用することで除去されています。

レーン2では、コムギ胚芽に含まれるGST様タンパク質(*)がHis融合タンパク質推奨用のWEPRO7240Hをしようすることで除去されています。

界面活性剤添加によるタンパク質合成への影響 

support data 7 1

図1 界面活性剤添加による膜タンパク質発現量への影響

 

Digitonin (non-ionic steroid derivative) increased both the yield and the solubility of the 7 solubilized proteins.

Brij-35 and Brij-58 (polyoxyethylene alkyl-ethers) increased the solubility of the 7 solubilized proteins without decreasing their protein yields at tested concentrations. 

Tween-20, another polyoxyethylene alkyl-ether, had positive effect on the solubility of 5 proteins.

Triton X-100 and Nonidet P-40 (polyethylene glycol derivatives) showed either positive or negative effects on yield and solubility depending on proteins.

DDM and ß-OG (alkyl glucosides), CHAPS (zwittergenic steroid derivative), and DPC (mono-chain phosphocoline) little improved the solubility of the proteins tested.

 

 

support data 7 2 

図2   界面活性剤添加による膜タンパク質GRP84の可溶化改善

T: 粗タンパク質画分、S: 可溶性画分、◀: 目的タンパク質

Copyright ©CellFree Sciences Co.,Ltd. All Rights Reserved. [login]