MENU

ニュース | 株式会社セルフリーサイエンス

header jp

header en

ニュース

三日熱マラリアの肝内休眠型血清診断マーカーの開発に成功

カテゴリ: プレスリリース 作成日:2020年05月12日(火)

愛媛大学プロテオサイエンスセンターの高島英造准教授、森田将之講師、坪井敬文教授株式会社セルフリーサイエンスのマティアス・ハーベス(Matthias Harbers)次長らの国際研究グループは、三日熱マラリア再発の原因となっている肝内休眠型原虫感染者を見つけることのできる血清診断マーカーの開発に成功しました。

 

この成果は、愛媛大学プロテオサイエンスセンター、株式会社セルフリーサイエンス、The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research(WEHI)、パスツール研究所、Foundation for Innovative New Diagnostics(FIND)を主要なメンバーとする国際共同研究プロジェクトによるものです。またこのプロジェクトは、2015年10月から2017年3月まで公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(以下「GHIT Fund」)の助成を受けて開始しました。

 

今回の研究成果は、マラリア撲滅の難敵である三日熱マラリア肝内休眠型原虫の診断を世界で初めて可能とするもので、その治療を安全かつ有効に推進できる重要な成果と位置づけられます。

 

この研究成果に関する論文は、日本時間の2020年5月12日(火)付けでNature Medicine誌に掲載されました。

 

<Nature Medicine誌>

Development and validation of serological markers for detecting recent Plasmodium vivax infection

 

 

愛媛大学と当社との共同プレスリリースはこちらをご覧ください

 

愛媛大学プロテオサイエンスセンターの掲載記事はこちらをご覧ください

愛媛大学とヒトに作用する抗体の特異性をゲノムワイドに評価できる新しい技術を開発

カテゴリ: プレスリリース 作成日:2019年12月19日(木)

株式会社セルフリーサイエンス 森下 了 研究開発部長および愛媛大学プロテオサイエンスセンター 澤崎達也 教授らのグループは、特定のヒトタンパク質に対する抗体の最良の検証技術として、約20,000種類のヒトタンパク質から目的抗体と結合するタンパク質を同定する新しい技術の開発に成功しました。

 

本技術は当社が開発したタンパク質アレイ技術を使用するもので、「CF-PA2Vtechと名付けられ、市販抗PD-1抗体等の検証を行ったところ、標的以外の交叉する複数のヒトタンパク質を新たに発見し、それらは類似のエピトープを持つことが初めて確認されました。

この研究成果に関する論文は、2019年12月18日付けでScientific Reports誌に掲載されました。

 

CF-PA2Vtech: a cell-free human protein array technology for antibody validation against human proteins

https://www.nature.com/articles/s41598-019-55785-5

 

詳細は、下記のプレスリリースをご覧ください。

https://www.ehime-u.ac.jp/data_relese/data_relese-109068/

Copyright ©CellFree Sciences Co.,Ltd. All Rights Reserved. [login]